わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾のレビュー

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾

どーなレビュー管理人のどーなです。

このページでは「わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾」をどこよりも詳しくレビューしています。最後までじっくりとご覧下さい。

最強ドリブル塾講師:川島和彦さんってどんな人?

川島和彦最強ドリブル塾

千葉県のジュニアサッカークラブ JSC CHIBA代表。1985年(18歳)より少年サッカーコーチをしており、30年以上の指導経験を持つ。

指導スタイルは、「積極的にチャレンジをさせ、失敗から自分で気づいてもらう」が基本。クラブでは、目先の勝利ではなくテクニックを伸ばすことを重視しており、フィジカルに頼らないテクニック(特にドリブル)に重点を置いた指導を行っている。また、子供たちの人間的な成長も重視しており、自立した個の育成を目指している。

ボールタッチ、ボールの置き方、身のこなしなど、いろいろな角度からアプローチするドリブル指導には定評があり、「サッカークリニック(ベースボールマガジン社)」、「ジュニアサッカーを応援しよう!(KANZEN)」などの専門誌で度々取り上げられている。

教材概要

JSC CHIBA最強ドリブル塾

わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾は6枚組のDVDで、「練習編」と「インタビュー編」に分かれています。

練習編

対人練習、コーンドリブルなど、JSC CHIBAの練習メニューの紹介と練習のポイントが解説されています。実際の練習の様子が収録されているので、指導者の方は川島さんのユーモアを交えたコーチングも参考になります。

インタビュー編

川島さんのトレーニング論が収録されています。「各練習メニューにはどんな意図があるのか?」という裏側の部分を知ることができます。

ディスク1 1対1~間合い・タイミング~

川島和彦最強ドリブル塾JSCCHIBA最強ドリブル塾

ディスク1では、1対1がメインになります。試合のスキルが身につきにくい遊びの1対1ではなく、DFに「ある条件」をつけて行うことで、明確な目的を持った1対1になります。

3種類の1対1が紹介されており、DFの重心を見るスキル、DFをかわす間合いとタイミングの取り方、ディフェンスの種類に応じたかわし方といった、突破のドリブル(レガテ)の基本が身につきます。

ドリブルでかわす感覚は、人から教えられて身につくものではなく、失敗しながら自分で掴んでいくものという考えから、練習中は川島さんが選手たちに成功の原因、失敗の原因を自分で考えさせるコーチングをしています。

ディスク2 1+1対1+1、ドリキリ

川島和彦最強ドリブル塾JSCCHIBA最強ドリブル塾

いくらボールを扱うのが上手くても、それだけでは試合で活かすことはできません。試合で技術を発揮するには、常に状況判断が伴うからです。そこで、ディスク2では、状況判断を伴ったドリブルを身につける練習を行います。

1+1対1+1

一見2対2のようですが、「ある条件」をつけることで、攻守の個人戦術を磨く練習になっています。オフェンスは味方がドリブルしている時のサポートの仕方、ディフェンスはチャレンジ&カバーの意識が身につきます。また、攻守が目まぐるしく変わるので、攻守の切り替えの速さも養われます。

ドリキリ

ドリブルしながらの鬼ごっこのような一風変わった練習です。相手との駆け引き、ボールを扱いながら周りを見て考えるスキル、味方と意思統一するためのコミュニケーション能力といったドリブルしながらの状況判断を身につけます。

状況判断がテーマの練習というと、コーチの「もっと判断を速くしろ!」、「周りを見ろ!」という怒声が鳴り響き、殺伐とした雰囲気をイメージしがちです(笑)しかし、この練習ではゲーム性があるので、楽しみながら状況判断を伴った技術を身につけることができます。

たまに川島さんがプレーを止めて、解決策のヒントを説明します。これにより選手たちは、頭がフレッシュな状態になり、マンネリ化せずに練習することができています。指導者の方には、こういったコーチングのタイミングも参考になります。

ディスク3 ドリル~ボール扱い~

川島和彦最強ドリブル塾JSCCHIBA最強ドリブル塾

ディスク3では、並べたコーンをジグザグにかわしていくドリル(コーンドリブル)を行います。

コーンドリブルは一般的な練習ですが、JSC CHIBAでは、ドリブルのスピード、フェイントをかける時の体の使い方、積極的にアイディアを出すといったことに重点を置いています。

また、ここでは複数のメニューを行いますが、練習の組み立て方に工夫があります。一般的なコーンドリブルは、コーン相手に黙々と練習するためマンネリ化しがちですが、練習メニューの順番の工夫をすることで、高い集中力を維持してドリルを行うことができます。

ディスク4 体重移動~相手をどかす方法~

川島和彦最強ドリブル塾JSCCHIBA最強ドリブル塾

ディスク4では、1対1とドリルでボールを体の動きだけで相手を騙すフェイントを身につけていきます。

1対1

オフェンスは「体の動きだけで相手を騙す」という条件付きで行い、相手を見ながらフェイントをかけるスキル、動きのリズムを変えるスキル、DFをかわす時にスピードアップできる体の使い方を身につけていきます。

体の動きだけで騙す練習といっても、通常の1対1では練習中のフェイントが通用するほどDFも甘くありません。しかし、この1対1ではディフェンスに「ある条件」をつけることで、本気のDF相手にもかかわらず、オフェンスが練習のテーマに集中できるようになっています。

ドリル

先に行った1対1のイメージを持って練習します。ドリル→1対1という流れが一般的ですが、JSC CHIBAでは逆です。1対1→ドリルという順番で行うことで、DFをイメージすることができます。

ディスク5 斜め45度からの突破、ミニゲーム

サイドでのドリブル練習

JSCCHIBA最強ドリブル塾

サイドでのスピードを使ったドリブルを身につけていきます。

ドリブルにおいてスピードは非常に重要な要素です。ただし、スピードといっても、サッカー・フットサルに必要なのは、50m走のスピードではなく、5m~10mのスピードです。この練習では3歩目でトップスピードになるための体の使い方を指導しています。

ミニゲーム

JSCCHIBA最強ドリブル塾

ミニゲームは、練習したことを実戦形式で試す場として効果的ですが、漠然と行っても遊びになってしまいます。しかし、ミニゲームに至るまでの練習の組み方と練習中のコーチングにより、選手にテーマを意識させた質の高いミニゲームが可能になります。

ここでは、JSC CHIBAのミニゲームの様子を見ながら、適切なテーマ設定の仕方、選手に考えさせるコーチングの仕方、中だるみしてきた時にゲームを締めるコーチングを学ぶことができます。選手よりも、指導者やチームをまとめる立場の方にとって役立つ内容になります。

ディスク6 川島和彦コーチインタビュー

JSCCHIBA最強ドリブル塾

43分にわたる川島和彦さんのトレーニング論についてのインタビューです。話の内容は多岐に渡りますが、一例を挙げると、DFの心理を逆手にとったフェイント活用法、ドリブル主体の練習にしたことで起こった弊害、選手が主体的に練習に取り組むようになるコーチング論などがあります。

このインタビューを聞くと、ディスク1~5で行う練習についてより深く理解することができます。

わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾をどーな基準で辛口チェック!

価格と内容のバランスは取れているか?

ドリブルはサッカー・フットサルの中でも人気の高い技術なので、教材はたくさん出ています。本屋さんに行けば、DVD付書籍が1,500円程度で手に入りますが、最強ドリブル塾はその10倍以上の価格です。果たしてその価値があるのか?

私は「ある」と思います。

最強ドリブル塾は、見た目の派手なフェイントではなく、試合で本当に役立つドリブルを身につけるための教材です。試合で使うドリブルには、いわゆる「ワザ本」のような書籍で紹介されている複雑なフェイントは必要ありません。

メッシ選手はフェイントをほとんど使わず、相手の重心の逆を突いて抜いていきます。最強ドリブル塾も同様で、相手の重心を見ること、ボールと体を思い通りに動かすことを目的とした練習を行っています。

目の前のDFを抜くフェイントの説明しかされていない書籍と違い、最強ドリブル塾では、相手の重心を見る練習法、ディフェンスの種類に応じた抜き方を身につける練習法、ドリブル時の状況判断力を身につける練習法など、ドリブルに必要な要素を総合的に練習できます。また、練習メニューの効果的な組み合わせ方も解説されているので、効率の良い練習が可能になります。

最強ドリブル塾で学べるのは、ドリブルの基本(技術、戦術、トレーニング論についての)です。どんなフェイントも基本ができていなければ、見せかけの技術になってしまうので、正しい基本を学ぶことは、今後サッカー・フットサルを続けていく上で一生ものの財産になります。決して安くはありませんが、一生もののドリブルスキルが身につくことを考えれば、適正価格だと言えます。

誰でも実践できる内容か?

最強ドリブル塾をおすすめするのは、サッカー・フットサルを始めて1年くらい経ち、基本的なボールコントロールがある程度身についた中級者以上です。初心者の練習には、少し難しいと思います。

また、練習メニューは1人でできるものと、複数人必要なものがあります。ディスク3、4のコーンドリブル、ディスク5のスピードを養うドリルは1人でもできます。ディスク1、4の1対1、ディスク2の状況判断を養う練習は複数人必要です。

1人で練習できるものは自主練習で行うことができますが、複数人必要なものはチーム練習の時にチームメイドに協力してもらたり、ミニゲームなどの実戦練習でポイントを意識して行うなどの工夫が必要になります。

ホームページ上でおかしな誇大表現をしていないか?

していません。

なお、冒頭で「子供のサッカー上達法は、少年専門のトップコーチに聞くのが一番です」とありますが、最強ドリブル塾は大人が見ても上達できる教材です。

わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾の悪いところ、良いところ

デメリット

  • ドリブル専門のDVD教材なので、それ以外の練習は収録されていない
  • 実際の練習風景を収録しているので、練習メニューによっては単調な映像が続き、退屈に感じる
  • ある程度のボールコントロールが身についていないと実践できない

こんな人にはおすすめできません

  • 「DVDを見れば上手くなれる」という考えで、自ら創意工夫しない人
  • できないことに挑戦する意欲のない人
  • 練習の形をまねするだけで、「なぜその練習をするのか?」を理解しようとしない人

メリット

  • 失敗を恐れず、積極的に仕掛けるドリブラーのメンタルが養われる
  • ボール扱いだけでなく、素早い身のこなしも同時に身につく
  • DFの心理を利用した駆け引きができるようになる

こんな人におすすめです

  • 失敗が怖くて、試合でドリブルを仕掛けられない人
  • 1人でも効果的なドリブル練習をしたい人
  • 試合でドリブルを効果的に使いこなせるようになりたい人

総合評価(4.5/5段階評価)星45個

「失敗するのが怖くて、試合でドリブルできない」
「見せかけだけの派手なドリブルではなく、試合に勝つためのドリブルを身につけたい

そんな方におすすめなのが「わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾」です。

最強ドリブル塾は、全国トップクラスの実力を持つクラブチーム JSC CHIBAのドリブル練習法を紹介したDVDです。一般のドリブル教材のように、「このフェイントは、こうやってやります」という形を覚えるものではありません。ボールタッチと身のこなし、対人プレー、状況判断など、ドリブルに必要なスキルを総合的に練習し、試合で使えるドリブルを身につけていきます。

このDVDの軸となっている考え方は、選手が主体的に練習に取り組むことです。DFを抜くタイミングや間合い、フェイントのアイディアは、人から言われて身につくものではありません。自分で考え、失敗しながら掴んでいくものです。主体的に練習に取り組むことで、成功も失敗も自己責任という意識が生まれます。このことが、失敗を恐れず、積極的にドリブルを仕掛けるメンタルにつながって行きます。

自己責任の考え方は、練習中の川島和彦さんのコーチングにも表れており、「こういう時はこうしなさい」ではなく、「こういう時はどうしたらいいと思う?」と選手に問いかけ、選手自ら答えを出せるように導いています。

最強ドリブル塾では具体的に何をするのか言うと、対人練習、状況判断を磨く練習、ドリルという3種類の練習を行います。

対人練習では、単純な1対1ではなく、色々な工夫を取り入れた練習メニューを行い、DFを抜く間合い、タイミング、DFの守り方に応じたドリブルの使い分けなどを身につけます。

状況判断を磨く練習では、敵、味方、スペースを見なければならない状況にして、ドリブルしながら周りを見て考える習慣を身につけます。ゲーム要素を取り入れているので、楽しみながら行うことができます。

ドリルでは、ボールタッチと素早い身のこなし(コーディネーション能力)を身につけていきます。一般的には、身のこなしのような神経系のトレーニングは、ラダーロープなどを使います。しかし、JSC CHIBAのドリルでは、「あること」を意識することで、ボールタッチと神経系トレーニングを同時に行っています。

このDVDで紹介されている練習は、どれもはっきりした目的がありますが、同じ練習を何度も繰り返しているとマンネリ化し、練習の目的がボヤけてくるものです。しかし、JSC CHIBAの練習では、川島さんの絶妙なコーチングにより、選手たちは高い集中力を持って練習に取り組んでいます。このコーチング術は、指導者やチームをまとめる立場の方にとって参考になるポイントです。

「見た目が派手なだけで試合で使えないフェイントではなく、シンプルでもDFの重心の逆を取り、試合で効果的に使えるドリブルを身につけたい」という方は、JSC CHIBAの最強ドリブル塾の購入をおすすめします。

JSC CHIBAの最強ドリブル塾の実践を力強くサポートする「どーな特典」のご案内

当サイトから「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」を購入すると、下記の特典が付いてきます。

特典1:メールセミナー~ドリブル上達を加速させる3つのポイント

JSC CHIBA最強ドリブル塾

最強ドリブル塾では、JSC CHIBA独自のドリブル練習メニューが数多く紹介されており、ボールタッチ、体の使い方、対人プレー、状況判断など、試合でのドリブルに必要なスキルを総合的に伸ばすことができます。

ただし、改善してほしい点もあります。それは、ドリブルがどんな流れで上達していくのかという上達プロセスの全体像が見えにくいことです。

例えば、「このスキルの上達には、ディスク1のこの練習とディスク3のこの練習を合わせて行うと効果的」という解説やテキストがあればいいのですが、残念ながらありません。また、プロセスの全体像が分からないと、応用を利かすこともできません。(最強ドリブル塾の練習メニューを応用すれば、あなたのポジション、プレースタイルに合った練習メニューを作ることができます)

そこで、ドリブル上達のプロセスに合わせて最強ドリブル塾を活用する方法をまとめたメールセミナーの受講権を特典としてお付けします。

ドリブル上達に必要なポイントは次の3つです。

  • ボールと自分の体を自由に扱う(ボールコントロールと身のこなし)
  • 最適な場所(いつでも、何でも出来る場所)にボールを置く
  • 相手を操る(フェイント、リズムの変化等)

本メールセミナーでは、この3つのポイントをテーマに3日に1回、全11回配信します。具体的な配信内容は以下の通りです。

第1号  ドリブルを身につけるための土台とは?
第2号  コーンドリブルには、どんな意味があるの?
第3号  コーンドリブルを効果的に行うためのポイントとは?
第4号  落ち着いてボールを持てるようになるには?
第5号  落ち着いてボールを持てるようになるための練習法
第6号  DFの逆取りが上手いプレーヤーが身に付けている3つのポイントとは?
第7号  DFの逆取りをするための土台を身に付ける練習法
第8号  DFの逆取りを身に付ける練習法
第9号  ガチンコ1対1で相手を抜くコツとは?
第10号 フェイントを身に付ける3ステップ
第11号 ドリブルを身に付ける最大のメリットとは?

本メールセミナーは、3つのDVD教材を参考にします。

  • 檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド
  • 風間八宏のフットボールクリニック VOL.2
  • JSC CHIBAの最強ドリブル塾

実は、この3つの教材は相性抜群です!

まず、風間八宏さんのフットボールクリニック VOL.2では、ドリブル上達の理論を学ぶことができます。檜垣裕志さんのサッカーテクニック向上メソッドでは、ドリブルに必要なボールの持ち方とボールの置き場所を学ぶことができます。そして、JSC CHIBAの最強ドリブル塾では、ドリブル上達のための具体的な練習法を学ぶことができます。

これらを組み合わせて見ることで、ドリブル上達の仕組みと具体的な練習法を知ることができるので、私はドリブル上達の最強3点セットと呼んでいます。

最強ドリブル塾は、ボールタッチや体の使い方といったクローズドスキルから、対人プレーや状況判断といったオープンスキルまで、ドリブルに必要なスキルを総合的に伸ばすことができる教材です。いきなり3つ揃えるのは難しいという人は、まずは最強ドリブル塾とメールセミナーで勉強しながら練習してください。これだけでも、今までの練習よりもずっと効率的な練習ができると思います。

特典2:音声セミナー~5分で分かる!ドリブル上達のための3つのポイント

JSC CHIBA最強ドリブル塾

ドリブル上達のための3つのポイントを、より深く理解するための音声セミナーを配信します。1つの講座が約5分間なので、スマホ等に入れておくと通勤時間などの隙間時間を活用して聞くことができます。

第1号 ボールを自分の体を自由に扱う
第2号 最適な場所のボールを置く
第3号 相手を操る
第4号 ドリブルを軸にプレーの幅を広げる

※メールセミナーに音声ファイルを添付して配信します。

特典の受け取り方法

特典の受け取り方法はとても簡単です。

どーな特典付きボタンをクリック

下記ボタンをクリックして、公式サイトへ移動してください。

公式サイトへ(特典付き)


公式サイトの申し込みボタンをクリック

公式サイトの申し込みボタンをクリックして、決済画面へ移動してください。
JSCCHIBA最強ドリブル塾


決済画面で「どーな特典」の表示を確認してから購入

決済画面に下記のような「どーな特典」の表示があるか確認し、決済を完了させてください。
どーな特典の表示がされていない場合は、特典を受け取ることができません。
JSCCHIBA最強ドリブル塾

注意!!

以下の操作を行うと、Cookieが正常に保存されないことがあります。

・決済画面に移動してから決済完了までに別のサイトを見る。
・決済画面に移動してから決済完了までにブラウザで複数のタブを立ち上げ、左右のタブを行き来する。

その場合は、どーな特典を受け取ることができません。
決済画面に移動したら、決済完了まで他のサイトを見ないようにしてください。
また、不安な場合は、ステップ1からやり直すなどして、特典の受け取りミスにご注意ください。


決済完了後、「購入者マイページ」にログイン

決済が完了しましたら、インフォトップ購入者マイページにログインしてください。
マイページの「注文履歴」の下の方に「どーな特典」と書かれたファイルがありますので、そちらのファイルから特典をご請求ください。

以上、「わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾」のレビューでした。
最強ドリブル塾を買いたいけど迷っている人、不安な人は遠慮なくメールください。
>>どーなへ事前質問・相談してみる<<