1. ホーム
  2. わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾
  3. ≫JSC CHIBAの最強ドリブル塾 運ぶドリブルに必要な状況判断を磨く練習法

JSC CHIBAの最強ドリブル塾 運ぶドリブルに必要な状況判断を磨く練習法

どーなレビュー管理人 どーな です。

あなたは、「ドリブル」と聞くと、どんなプレーをイメージしますか?

おそらく、相手を抜くドリブルをイメージしたと思います。
実際、日本では「ドリブル=相手を抜く」というイメージが強く、ドリブル練習というと、1対1やフェイント練習がメインに行われます。

しかし、FC.バルセロナをはじめとするスペインサッカー界では、ドリブルは「抜くドリブル(レガテ)」と「運ぶドリブル(コンドゥクシオン)」という2つの技術に区別されています。

どちらも重要な技術ですが、目的が全く違います。
このためスペインでは、「ドリブル」でひとくくりにするのではなく、全く別の技術として認識されています。

というわけで、今回は日本であまり馴染みのない「運ぶドリブル」の効果とその練習法について見ていきたいと思います。

運ぶドリブルとは?

運ぶドリブルとは、ピッチのA地点からB地点までボールを運ぶドリブルです。
ボールを前方へ運ぶ効果や、空いたスペースにドリブルすることで相手を引きつける効果があります。

運ぶドリブルを使う頻度が高いのは、センターバックやボランチです。
バルサの試合を見ると、センターバックのピケ選手が、ディフェンスラインからドリブルで持ち上がるシーンがよく見られますね。
また、シャビ選手がバルサにいた頃は、中盤でキープするドリブルを使って相手を引きつけ、パスコースを作っていました。

運ぶドリブルが使えると、どんなメリットがあるでしょうか?

例えば、センターバックが運ぶドリブルを使えると、次のようなメリットがあります。

(例1:前方へボールを運ぶ)
運ぶドリブル(コンドゥクシオン)

(例2:相手を引きつける)
運ぶドリブル(コンドゥクシオン)
運ぶドリブル(コンドゥクシオン)
運ぶドリブル(コンドゥクシオン)

運ぶドリブルに必要なスキル

運ぶドリブルには、抜くドリブルのようなフェイントや一瞬で置き去りにするスピードは必要ありません。
必要なのは、正確にボールを運ぶ技術、そして状況判断力です。

・空いているスペースはどこか?
・このコースにドリブルすると、敵、味方はどう動くか?

といった全体の状況を見る能力が重要になります。

この状況判断力は、1対1やコーンドリブルといった日本でお馴染みのドリブル練習では身につけることはできません。
ゲーム形式の練習で磨いていく必要があります。

ゲーム形式の練習というと、ミニゲームが一般的です。
確かにミニゲームは効果的な練習ですが、1つのボールを複数人で扱うため、運ぶドリブルを使える機会は限られてしまいます。
このため、どうしても非効率になってしまいます。

最終的にはミニゲーム、そしてゲームの中で運ぶドリブルを使えるようにしていく必要がありますが、その前段階として、もっと効率のいい練習を行った方が上達も速くなります。

運ぶドリブルを身につける練習法

そんな運ぶドリブルを身につけるのにちょうどいい練習法が、「JSC CHIBAの最強ドリブル塾」で紹介されていました。
それは、ディスク2に収録されている「ドリキリ」という鬼ごっこのような練習法です。

JSCCHIBA最強ドリブル塾

  • 4対4で行う。
  • オフェンスは1人1個ずつボールを持ち、ドリブルでゴールを目指す。
  • オフェンスはどのゴールを狙ってもいい。
  • ディフェンスは、ボールを奪うのではなく、オフェンスの体にタッチする。
  • オフェンスの4人のうち、誰か1人でもゴールできたらオフェンスの勝ち。

この練習のポイントはチーム戦であるということです。
4人の内1人でもゴールできたらオフェンスの勝ちなので、自分が囮になって味方を生かすか、味方を囮にして自分が生きるか、の状況判断が鍵になります。

この練習では、ボールを持ちながら全体を見て、

・誰を生かすのか?
・ディフェンスは誰を狙っているのか?
・どのコースにドリブルするのか?

といった状況判断をする必要があるため、運ぶドリブルに必要なスキルを身につけることができます。

また、1人1つずつボールを持って行うため、オフェンス4人全員のスキルアップになり、効率的です。

さて、この練習では、まともに1対1をしたらディフェンスが圧倒的に有利です。
ディフェンスは、オフェンスの体にタッチすればいいわけですから。

この条件の中で、オフェンスが勝つにはどうしたらいいでしょうか?

DVDの中の選手たちも、最初は一人ひとりの考えがバラバラで上手くいきませんでした。
しかし、次第に4人で作戦を考えるようになり、「○○して味方を▲▲する」という作戦を使ってディフェンスをかく乱することに成功しています。
このように作戦を練って実行する経験が積めることも重要で、試合でチーム戦術を機能させるための意思統一につながります。

練習中の川島さんのコーチングも絶妙で、選手が自ら解決策を考え出すように声掛けをしていました。
この選手の成長過程、川島さんのコーチングは、ぜひ指導者や保護者の方に見ていただきたい部分です。

JSC CHIBAの最強ドリブル塾は、試合で使えるドリブルに必要なスキルを総合的に身につけられる教材です。
ボールタッチ、体の使い方、1対1など、抜くドリブルのための練習はもちろん、今回紹介したような状況判断を磨く練習法も収録されています。

「見せかけだけの足技ではなく、試合で使えるドリブルを身につけたい(身につけさせたい)」という方には、ぜひ購入をおすすめします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。