1. ホーム
  2. 一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法超初級編
  3. ≫サッカー・フットサルは大人からでは上達しない?

サッカー・フットサルは大人からでは上達しない?

大人になってからでは、サッカー・フットサルは上達しない。

サッカー・フットサル界には、こんな恐ろしい都市伝説があります。もしこれが本当なら、大人からサッカー・フットサルを始めた人は大きなショックでしょう。

しかし、安心してください。こんなのはただの迷信です。
例えば、プロサッカーコーチの檜垣裕志さんは17歳からサッカーを始めましたが、懸命に練習した結果、ブラジルの名門ポルトゲーザとプロ契約を結ぶまでになりました。

ここでは、都市伝説の生まれた背景、大人のプレーヤーが上達するための練習法についてお伝えしていきます。

都市伝説の原因「ゴールデンエイジ」とは?

実は、こんな都市伝説が生まれた背景には「ゴールデンエイジ」という考え方の存在があります。ゴールデンエイジとは、人間の一生のうちで運動神経が最も発達する時期のことで、3~12歳までを指します。このうち3歳~8歳までをプレゴールデンエイジ、9歳~12歳までをゴールデンエイジと言います。

プレゴールデンエイジ(3歳~8歳)

運動神経が最も大きく発達する時期で、ゴールデンエイジの準備期間と言えます。この時期は、特定のスポーツをするよりも、色々な運動をして色々な体の動かし方を覚えることで、ゴールデンエイジに入ってからの伸びしろが増えます。

ゴールデンエイジ(9歳~12歳)

運動神経がほぼ完成する時期です。この時期が最も技術習得しやすく、プロのような高等技術も、見よう見まねでできてしまう子供もいます。つまり、技術習得するなら、ゴールデンエイジが最も効率が良いということです。

あくまでも効率の問題なのですが、どこをどう間違えたのか、いつの間にか「ゴールデンエイジを過ぎると上達しない」という都市伝説になっていたのです。

しかし、冒頭で紹介した檜垣裕志さんの事例からも分かるように、これは迷信に過ぎません。手前味噌ですが、私も15歳からサッカーを始め、練習の結果、大学サッカー部時代に全国大会出場選手からスタメンを奪うことができました。

檜垣裕志さんのブログ 利き足理論の実践者は必見!

何歳になろうが、練習すれば必ず上達します。ただし、子供と大人では練習の仕方が異なるので注意が必要です。

大人と子供では練習方法が違う

ゴールデンエイジの子供は、感覚的に上達します。ちょっと見本を見せれば、見よう見まねでできてしまったりします。運動神経そのものが発達していくので、1つの技術を覚えれば、その応用で別の技術もできてしまうこともあります。
だから、色々な運動をして、色々な体の動かし方を覚えることが上達につながります。

これに対し、大人は子供のように運動神経そのものは、ほとんど発達しません。ただし、既存の神経同士がつながることで新しい神経回路は作られるので、反復練習により新たな技術を身につけることができます。
色々なスポーツをやるよりも、1つのスポーツに集中して練習した方が、効率よく上達できます。

反復練習で重要なのは、正しい技術を反復練習することです。正しい技術とは、実戦で使える技術です。相手のいない状態で上手くボールを扱えても、試合では全くダメというのでは、正しい技術とは言えません。

サッカー・フットサルの試合では、敵味方が入り乱れ、常に状況が変わります。状況を把握し、その時にどの技術を使うかを瞬時に判断していかなければなりません。そんな中で正確な技術を発揮するには、単純なリフティングやコーンドリブルだけでなく、もっと実戦で使える工夫を取り入れた練習をする必要があります。

練習時間が限られている大人にとって、正しい技術を反復練習をすることは、上達の生命線です。間違った技術を反復すれば、間違った動き方が身についてしまい、せっかく費やした練習時間がムダにになってしまいます。

そうならないためにも、大人は反復練習だけでなく、正しい練習法を知ることも大切です。
これから色々な技術を練習していく初心者の方は、初期段階から正しい練習法を勉強し、実践するようにしてください。自己流の練習で変な癖がつき、それを後から矯正するのは、大変な労力がかかります。初めから正しい練習をしていれば、後から余計な労力をかけずに済みます。何事もはじめが肝心なのです。

サッカー・フットサル初心者が練習すべき3つの技術

正しい練習を知る方法

正しい練習法を知る主な方法には、DVD教材とサッカースクールがありますが、当サイトではDVD教材をおすすめしています。DVDプレーヤーさえあれば、自分の好きな場所、好きな時間に勉強することができるため、スクールに比べ費用対効果が高いからです。

大人のサッカースクールってどう?

DVD教材は色々なものが出ていますが、初心者の方におすすめなのは、1人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編です。

その名のとおり初心者用のDVD教材で、初心者向けの練習法が数多く収録されています。練習メニューの半分以上は1人でできる練習なので、自主練習のメニューを考えるときに参考になります。

また、練習メニューごとにポイントが解説されているため、正しく練習を行い、実戦で使える技術を身につけることができます。

例えば、一般的なコーンドリブルでは、初めは正確なボールタッチを覚えるためにゆっくり正確に行い、慣れてきたら徐々にスピードアップしていきます。確かに間違いではないのですが、これだけでは実戦で使える技術にはなりません。

越智隼人のサッカー上達法では、あることを意識しながらコーンドリブルを行うことで、ボールを奪われないドリブルを身につけていきます。
「あること」は、トップレベルのプレーヤーなら当たり前にやっていることですが、アマチュアレベルでは、このドリブルができる人は少ないです。プロ経験がある越智さんならではの指導ポイントだと思います。

プロ経験のある越智隼人さんならではのポイントが解説されている。(「1人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」より)

越智隼人さんのDVDって少年サッカー向けなのでは?

越智隼人のサッカー上達法のホームページには、下記のように少年サッカー向けの内容が書かれています。

「1人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」のホームページ


 
一見すると、大人には効果が無いような印象を受けますが、本来DVD教材を使って練習するのは、子供よりも大人の方が適しています。なぜなら、大人は子供よりも論理的な考え方ができるため、練習のポイントをつかむのが上手いからです。「少年サッカー向け」としているのは、商業的にその方が需要があるからでしょう。

まとめ

「大人になってからでは、サッカー・フットサルは上達しない」という都市伝説は、ゴールデンエイジという考え方に対する誤解から生まれたものです。

子供には子供の、大人には大人の上達の仕方があり、それぞれの特性に合った練習を行うことが大切です。大人は正しい練習法を勉強し、練習のポイントを理解して取り組むことがポイントです。何歳になろうが、正しい練習を行えば、必ず上達することはできます。

初心者におすすめの教材

サッカー・フットサルが楽しいのはどんなときですか?

試合に勝ったときでしょうか?プレー後に、仲間と飲みに行くときでしょうか?
こういったことも確かに楽しいですが、それよりも一番楽しいのは、「上達した!」と感じられたときではないでしょうか?

上達するには、正しい練習を行い、試合で使える正しい技術を身につけることが大切です。

今回紹介した「1人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」は初心者が基本技術をみにつけるためのDVD教材です。一つ一つの練習メニューにポイント解説がついているので、初心者でも正しく練習することができます。

キック、トラップ、ドリブルといった基本技術がしっかり身についているかいないかで、その後の伸びしろが変わってきます。越智隼人さんのDVDに興味がある方は、下記レビューを参考にしてください。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。