1. ホーム
  2. ドリブル
  3. ≫楽しいドリブル練習法4選(幼児から低学年向け) 子供が集中してくれない親御さん必見!

楽しいドリブル練習法4選(幼児から低学年向け) 子供が集中してくれない親御さん必見!

「子供が飽きっぽくて、ドリブル練習に集中してくれない…。子供が集中してできる練習メニューはないのかな?」

どーな

低学年くらいまでのドリブル練習には、遊びの要素を混ぜるといいですよ。キーワードは「楽しみながら」です。

スポンサーリンク

子供は楽しい遊びの中から学ぶ

子共(特に低学年以下)は注意力散漫で、なかなか練習に集中してくれません。

どーな

ウチの子も練習していたと思ったら、虫取りを始めたりします(汗)

子供に少しでも上手くなってもらいたいお父さん・お母さんコーチとしては、練習に集中してもらいたいものですね。

しかし、この年代の子は、そもそも集中力が続かなくて当たり前なので、あなたのお子さんが悪いわけでありません。一方、子供は遊びに対しては夢中になり、時間を忘れて没頭します。

つまり、低学年以下の子と練習するときは、大人のような練習っぽい練習ではなく、遊び要素を入れた練習メニューを組んであげるべきです。

昔から子供は遊びをとおして学習してきました。時代が変わっても、それは変わりません。子供にとって大切なのは遊ぶことであり、サッカーが「習い事」になってはいけません。

楽しいドリブル練習4選

サッカー初心者は、ドリブル練習から始めるのがおすすめです。ドリブル練習は、ボールに触る回数が多く、ボール感覚を養うのに効果的だからです。

ドリブル練習というと、コーンを並べてジグザグに縫っていくコーンドリブルが有名です。あなたもやっているかもしれませんが、お子さんは集中して取り組んでくれますか?

集中して取り組める子であれば、そのまま続けていけばOKです。ただし、練習の目的を勘違いしていると、上達につながらないので、こちらの記事を参照してください。

あなたは間違ったやり方をしていませんか?コーンドリブルの練習法

しかし、集中してくれないのであれば、練習メニューを考え直す必要があります。先述のとおり、低学年以下の子供は、遊びの要素(ゲーム性や競争)を取り入れたドリブル練習が効果的です。

親子で楽しめるドリブル練習を紹介します。

ここまでおいでドリブル

10mくらい先に親が立ち、「ここまでおいで」とドリブルさせます。最初は大きく蹴り出してしまいがちですが、親の所に来るまでに10回触るなど、タッチ制限をつけることで、ボールタッチの力加減を覚えることができます。

親が指で示した数を子供が答えるようにしたり、立ち位置を変えることで、顔を上げてドリブルできるようになります。

ドリブルのボールタッチは、利き足で行います。日本ではまだ「両足均等に」という習慣が残っていますが、ボールの持ち方の基本は「利き足中心」です。

サッカーの正しい基本とは?檜垣裕志さんの利き足のポイントを考察

まねっこドリブル

親が先頭に立ってドリブルし、子供がその後をついていきます。前後左右の動きはもちろん、親が止まったら、子供も止まります。移動だけでなく、ボールの上に座るなど、色々なアクションを取り入れると、子供も面白がるでしょう。

この練習では、次のような効果があります。

  • 色々な方向へ動くため、足の色々な部分を使ったタッチが身につく
  • 前の人の動作を真似するため、顔を上げたドリブルが身につく

インベーダーゲームドリブル

親がマーカーを投げ、子供はドリブルしながらそのマーカーをよけながらゴールを目指します。上の動画では「ボールがほったらかし!」とツッコみたくなる部分もありますが、まずは楽しんでボールに触ることが一番です。

この練習では、次のような効果があります。

  • 色々な方向へ動くため、足の色々な部分を使ったタッチが身につく
  • 飛んでくるマーカーをよけるため、顔を上げたドリブルが身につく
  • 飛んでくるマーカーの方向を見極め、かわすスキルが身につく

このマーカーを使った練習メニューは、アジリティトレーニングでも行われています。子供がこんなスピードで行うのは無理ですが、トレーニングイメージとしては下の動画のイメージで行います。

どーな

あくまでイメージなので、現実とギャップがあっても気にする必要はありません。大事なのは楽しむことです。

ドリブル鬼ごっこ

コーンを2本置き、その周りをドリブルしながら鬼ごっこします。鬼にタッチされたら交代です。一方向だけに動いていると、足の速い方が有利になってしまいます。フェイントをかけるなど、相手との駆け引きを楽しみながら行いましょう。

どーな

親は子供の走力を考慮した力加減で行っていください。

この練習では、次のような効果があります。

  • 色々な方向へ動くため、足の色々な部分を使ったタッチが身につく
  • 相手を見ながらドリブルする習慣が身につく
  • 相手との駆け引きが身につく

子供が楽しめるかは親次第

子供が楽しんで練習できるかどうかは、お父さん、お母さんコーチ次第といっても過言ではありません。親がつまらないと思う練習は、子供もつまらないものです。

今回、4つの練習メニューを紹介しましたが、お子さんと一緒に楽しんで行うことが大切です。

たとえば、ここまでおいでドリブルで、立ち位置を変えるときにフェイントをかけたり、まねっこドリブルで、子供が思ってもみなかった変なポーズを取るなど、親子で「キャッ、キャッ」と笑いながら行ってください。

ただし、あまり大人の駆け引きをし過ぎると、子供がやる気を失ってしまうので、加減に注意してください。

どーな

私はやり過ぎて、子供がすねてしまうことがあります(汗)

こちらも参照してください。
子供のドリブル練習6選(低学年向け)親子でできるメニュー
サッカーのドリブル練習で絶対に外せない3つのポイント

初心者のための練習メニュー140種類

自分自身がサッカー初心者で、「どんな練習をすればいいか分からない」というお父さん、お母さんには、「1人でもできる!越智隼人のサッカー上達法」がおすすめです。

キック、トラップ、ドリブルなどの基本練習からステップワークなどのコーディネーショントレーニングまで、初心者用の練習メニューが140種類以上収録されています。このDVDを見れば、初心者に必要な練習はたいてい見つかるので、もう何を練習するか迷って、時間を潰すことがなくなります。

練習メニューのバリエーションは、1人でできるものから親子や友達とできるものまで幅広く、これ1本で初心者の練習メニューは事足りてしまう「百科事典」とも呼べるDVDです。

※以前は第1弾、第2弾が別売りだったのですが、現在はセット販売のみとなっています。

どーな

スマホ、PCがあれば、どこでも再生できるダウンロード版もあります

このDVDの詳しいレビューはこちら
「1人でもできる!越智隼人のサッカー上達法」を徹底検証!

まとめ

細かいドリブルを身につけるコツ、練習メニューを紹介してきました。最後にまとめておきます。

  • サッカー初心者には、ボールにたくさん触れるドリブル練習がおすすめ
  • ドリブル練習に遊びの要素(ゲーム性、競争)を取り入れることで、子供が楽しんで取り組むことができる
  • ここまでおいでドリブルは、タッチ制限をつけることで力加減を覚え、指で示した数を数えさせたり、立ち位置を変えることで顔が上がったドリブルを身につける
  • まねっこドリブルは、子供が面白がるようなアクションを取り入れる
  • インベーダーゲームドリブルは、マーカーを投げるときにフェイントをかけるなど、変化をつける
  • ドリブル鬼ごっこは、スピード勝負ではなく、フェイントを使った駆け引き勝負をする
  • 子供が楽しんで練習するには、親も楽しむことが大切
  • 初心者の「1人でもできる!越智隼人のサッカー上達法」がおすすめです。
  • 日本一詳しい!「1人でもできる!越智隼人のサッカー上達法」のレビューはこちら

こちらの記事では、ドリブル練習におすすめの教材をレビューしています。

サッカードリブル練習DVDおすすめ4選

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。