1. ホーム
  2. 早野宏史スーパープレイヤー育成マニュアル
  3. ≫技術、フィジカルを伸ばす以外の新たな上達の可能性

技術、フィジカルを伸ばす以外の新たな上達の可能性

どーなレビュー管理人のどーなです。

「いくら練習しても、試合で落ち着いてプレーできるようになる気がしない・・・」

そんな初心者から中級者の方に、早野宏史さんのスーパープレイヤー育成マニュアルで学べる新たな上達の可能性についてレビューしていきたいと思います。

多くの初心者、中級者が行うサッカーの練習法は、技術練習とフィジカルトレーニングの2種類です。
実際に、これらは有効な練習方法です。
技術練習でボールが思い通りに扱えるようになれば、試合で活躍できる機会が増えます。
同様に、フィジカルトレーニングでより動けるようになれば、試合で活躍できる機会が増えます。

初心者から中級者にかけては、これらの練習でメキメキ上達していきます。

・・・が、次第に伸び悩んできます。

技術とフィジカルの他に大事なこと

技術練習とフィジカルトレーニングだけでは、サッカー上達に必要なある要素が抜けてしまっているからです。

その要素とは、オフザボールの動きです。

オフザボールとは、ボールを持っていない時のことを言います。
サッカーでは、ボールを持っていない時に準備をしておくことで、パスを受けてからのプレーがスムーズにできるようになります。
これにより、今までに身に付けた技術とフィジカルをより効果的に使えるようになります。

では、ボールを持っていない時に、どんな準備をするかというと、例えば、

  • マークを外して、良い体勢でボールを持てるようにする
  • 周りを見て、ボールを持った時に何をするかイメージしておく
  • 動いてマークを引きつけ、味方のためにスペースを作る
守備時も同様にオフザボールがあります。
例えば、

  • どこで、どうやってボールを奪うかイメージする
  • イメージ通りにボールを奪えるように、味方に指示を出す
  • 自分のマークと同時に、自分の周りのスペースをカバーする

なんか、難しそう・・・

と、思いましたか?(笑)

もちろん、簡単ではありません。

しかし、オフザボールのプレーは、テクニックもフィジカルも関係ありません。
必要なのは、考えるための頭だけ。
だから、誰でも習得が可能です。

百利あって一害なしのオフザボール

オフザボールの動きを身に付けるには、まず正しいオフザボールの知識を学ぶこと、そして、実践して「考えながらプレーする」を習慣化することです。

スーパープレイヤー育成マニュアルは、オフザボールのプレーのポイント解説と、オフザボールを身に付けるための練習法が収録されたDVD教材です。

何人も絡むような複雑なプレーではなく、1対1、2対2の状況でオフザボールの基本を習得するためのDVD教材なので、初心者でも理解し、実践できる内容になっています。

オフザボールの動きを身につけるのに、「初心者だから、まだ早い」と考える人も少なくありません。
しかし、オフザボールの動きは、「考えながらプレーする」を習慣化することが大事です。
習慣化するには、毎日の積み重ねが重要なので、始めるのが早ければ早いほど有利です。

また、オフザボールを意識しながら技術練習をすることで、より実戦的な技術が身につくという相乗効果もあります。
つまり、得することはあっても、損することは一切ありません。
「初心者だからまだ早い」なんて言わずに、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

>>早野宏史のスーパープレイヤー育成マニュアル<<

当サイト限定特典

当サイトからスパ育マニュアルを購入された方には、以下の特典をお付けします。

早野宏史のDVDで賢いプレイヤーになる9つのポイント

スーパープレイヤー育成マニュアルのポイントをまとめた補足メールセミナーです。

スパ育マニュアルは、オフザボールの動きの質、状況判断力を高めるためのDVDです。
実戦的なスキルを学ぶことができる数少ないDVDですが、上手く活用できずに挫折してしまう人もいます。

そうならないようにスパ育マニュアルを正しく活用して、実戦的なスキルを身につけることにフォーカスしたのが、このメールセミナーです。

挫折する原因になりがちな3つの落とし穴

1.DVD教材の効果的な見方
2.見逃しがちな重要ポイント
3.スパ育マニュアルで解説されていない基本知識

を回避する内容をお届けします。

>>早野宏史のスーパープレイヤー育成マニュアル<<

以上、早野宏史さんのスーパープレイヤー育成マニュアルが示す「オフザボール」という新たな上達の可能性についてのレビューでした。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。