1. ホーム
  2. 檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド
  3. ≫自主練習で上達する人は何が違うのか?

自主練習で上達する人は何が違うのか?

サッカーの技術を上げるには、技術練習が不可欠です。
「試合をやっていれば上手くなる」という人もいますが、本当に技術の精度を上げていくためには、やはり技術に特化した練習が必要です。

チームの練習では、実戦形式の練習や、戦術練習がメインになるため、伸ばしたい技術がある場合は、自主練習で練習することになります。

ところが、同じように自主練習をしても、上達する人もいれば、ほとんど上達しない人もいます。
両者の違いは、いったい何なのでしょうか?

自主練習で上達する人としない人の違い

自主練習で上達しない人の特徴は、できるようになったことをいつまでも練習していることです。

実は私も高校時代は、典型的な上達しない自主練習をやっていました。

例えばコーンドリブルは、毎回コーンを同じ間隔で並べて、同じスピード、同じタッチの練習を繰り返していました。

リフティングは、インステップのリフティングばかりやっていました。
何千回もできるようになりましたが、実戦では全く活かせていませんでした。

練習時間はチームメイトの誰よりも長かったので、何となく満足感だけはありました。
しかし、自己満足に過ぎないので、結局下手くそのままだったのです。
今考えると、本当にもったいない時間の使い方をしていたと思います。

当たり前ですが、同じことを同じレベルで繰り返しているだけでは進歩はありません。
自主練習で上達する人は何をしているかというと、上達に合わせて練習のレベルを上げているのです。

例えばコーンドリブルなら、ドリブルのスピードを上げたり、今までよりも大きな足幅でコーンをかわせるように、練習のレベルを上げていきます。

リフティングなら、インステップだけでなく、アウトサイドや胸など色々な部分で練習したり、テニスボールなどの小さいボールできるようにレベルを上げていきます。

ここまで読んで、「できるようになったらレベルを上げていくなんて、当たり前のことじゃないか」と思われたかもしれません。
しかし、これができている人は意外に少ないのです。

ほとんどの人は、教材を活用しきれていない

例えば、DVDや本などの教材を見て練習するとき、教材に収録されている練習ができるようになったら終わりになっていませんか?
こういう人は、結構多いのですが、非常にもったいないことをしていると思うのです。

私は、教材は「上達のヒントや練習法のアイディアを得るためのツール」だと考えています。
収録されている練習ができるようになったら、今度は自分なりの工夫を加えてレベルを上げていくことで、教材を活用していきます。

練習の目的がズレていなければ、練習法が違っても、同様もしくはそれ以上の効果を得ることができます。

例えば、プロサッカーコーチ 檜垣裕志さんのDVD「サッカーテクニック向上メソッド」に収録されているテニスボールでのリフティングを例に考えてみましょう。

檜垣裕志さんの「サッカーテクニック向上メソッド」を本音でレビューしました!

サッカーテクニック向上メソッドに収録されているのは、テニスボールでのちょんちょんリフティングだけです。
ほとんどの人は、テニスボールのちょんちょんリフティングができるようになったら、それで終わってしまいます。

しかし実際には、ちょんちょんリフティングは入門編に過ぎません。
檜垣さんのスクールでは、インサイドやアウトサイドなど、体の各部を使ってテニスボールリフティングをします。
スクール生の中には、各部で千回ずつできる選手もいます。

他にも、テニスボールのちょんちょんリフティングで、フットサルコートを往復する練習もしています。
これも、100往復できる選手がいます。

収録されている練習をベースにして発展させていくことで、さらに上達することができるのです。

ただし、注意すべき点が1つあります。
練習のレベルを上げることは大事ですが、「難しいことができるようになること」が目的になってはいけません。

テニスボールリフティングが各部で千回ずつできたり、100往復できても、それがサッカーのための練習になっていなければ意味がありません。

檜垣さんのリフティングの目的は、ボールを最適な場所に置き、ボールと体が連動したコントロールを身につけることです。
1タッチごとに、ボールと体の位置関係を意識して行うことがポイントです。
このポイントがズレていると、たとえ1万回できてもサッカーの上達にはつながりません。

そのリフティング、サッカーのための練習になっていますか?

練習のレベルを上げる3つの方法

練習のレベルを上げるには、具体的に何をすればいいのでしょうか?
主な方法としては、「精度を上げる、スピードを上げる、障害を加える」の3つがあります。

1.精度を上げる

今までよりも高い精度が必要になるような仕掛けを加えます。
例えばリフティングなら、円を描いてそこから出てはいけないというルールを加えると、1タッチ1タッチの精度が向上します。

2.スピードを上げる

今までよりもスピードが必要になるような仕掛けを加えます。
例えばコーンドリブルなら、制限時間を設定したり、チームメイトと競走することで、ボールタッチの精度を維持しつつ、スピードを向上させることができます。

3.障害を加える

今までの練習に障害を加え、同じようにできるよう練習します。
例えばリフティングしながらジャンプしたり、その場で1回転する等、別の動作を加えることで、ボールコントロールとコーディネーション能力が向上します。

また、檜垣さんのスクールでは、複数人でテニスボールリフティングし、誰が一番最後まで残っているかを競っています。
ただリフティングするのではなく、他の選手を押すなど、妨害行為をしてもOKです。
これにより、周りの状況を確認しながらのボールコントロールが上達します。

檜垣裕志サッカーテクニック向上メソッドのリフティングを実践してみた件

まとめ

最後に、大切なことなので繰り返しになりますが、練習のレベルアップをするとき、難しいことをできることが目的になってはいけません。
全ての練習がサッカーのためになっていることが大切です。

教材の練習法をベースにして、自分のプレー経験をもとにした工夫を加えれば、より実戦的な練習にアレンジすることができます。
このように自分で練習をアレンジできることは、上達するための必須スキルです。

あなたは、できるようになったことを、いつまでも繰り返していないでしょうか?
練習の内容よりも、長時間練習することに満足していないでしょうか?

自主練習は、自己満足のためではなく、技術を伸ばすために行うものです。
上達に合わせて練習のレベルを調整し、上達する自主練習にしていきましょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。