1. ホーム
  2. 一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法超初級編
  3. ≫サッカー初心者が一人でできる練習

サッカー初心者が一人でできる練習

自主練習をしたいけど、どんな練習をしたらいいのか分からない…

サッカー・フットサル初心者によくある悩みです。

それはそうですよね。サッカー・フットサルには、キック、トラップ、ドリブル、ヘディングといろいろな技術があります。
さらに、キックにもインサイド、インステップ、アウトサイド、インフロント、アウトフロント、トゥ、ヒールといろいろな蹴り方があります。これでは、何から始めたらいいのか分からなくなるのも無理はありません。

このページでは、サッカー・フットサル初心者が練習すべきこと、自宅や公園で一人でできるおすすめの練習法、練習のポイントを紹介します。

サッカー・フットサル初心者がまず練習すべきことは?

サッカー・フットサル初心者は、何から練習すればいいのか?

結論から言えば、何から練習しても構いません。あなたが興味を持ったものから始めればOKです。

初心者は、たくさんボールに触ることが大切です。ボールに触った分だけ、ボール感覚が養われ上達します。興味のあることなら進んで練習しますよね?そうすれば、自然とボールに触る機会が増えるでしょう。

しかし、「それでは何を練習すればいいのか迷ってしまう」という初心者の方もいるでしょう。そこで、サッカー・フットサル初心者鉄板の技術を紹介したいと思います。

1.インサイドキックとトラップ

インサイドキックとトラップは試合で最も多く使う技術なので、これらを練習しないわけにはいきません。

トラップにもいろいろな種類がありますが、最も多く使うトラップをまず練習しましょう。サッカーならインサイドトラップ、フットサルなら足の裏のトラップになります。

一人でできる練習メニュー

キックとトラップを一人で練習する場合は、壁当てがおすすめです。

壁当てとは、壁に向かってボールを蹴り、跳ね返ってきたボールをトラップしてまた蹴る練習です。キックとトラップを同時に練習でき、ボールをいちいち拾いに行く手間がないので、テンポよく練習できます。

練習のポイント

ワントラップですぐに蹴れる位置にコントロールできるように意識しましょう。そのためには、トラップと同時にすぐ蹴れるように体の準備も整える必要があります。

「1.トラップ、2.蹴れる体勢を整えて、3.キック」ではなく、「1.トラップしながら体勢を整えて、2.キック」というリズムです。

川崎フロンターレの中村憲剛選手は、子供の頃、壁当てをするときに「どこにボールを止めたら一番蹴りやすいのか?」を常に考えながら練習していたそうです。その成果もあり、今ではほとんどボールを見ずに正確なトラップができてしまいます。

2.リフティング

リフティングを試合の中で使うことは、ほとんどありません。しかし、リフティングを行うことで、ボール感覚、ミートの感覚、バランス感覚など、サッカー・フットサルの技術の基礎を養うことができます。

試合中にリフティングを何十回も続けることはないので、「リフティングなんて必要ない」と言う人もいます。しかし、それはリフティングのためのリフティング練習をやっているため、サッカーに活かすことができていないだけです。サッカーのためのリフティングを行えば、本当に効果的な練習になります。

メッシ選手やC.ロナウド選手など技術の高いプレーヤーは、リフティングも上手いものです(メッシ選手は、オレンジやバナナでもリフティングできます)。このことが、リフティングの効果を示す何よりの証拠ではないでしょうか。

一人でできる練習メニュー

リフティングは、一人でできる練習の代表格です。初心者には難しく思えるかもしれませんが、練習すれば誰でもできるようになります。まずは、インステップで20回を目標に練習しましょう。

練習のポイント

リフティングは面積の大きい「もも」が続けやすいですが、まずはインステップから練習しましょう。試合中はももよりも足を使うことの方が圧倒的に多いからです。足でリフティングすることで、キック、トラップ、ドリブルに必要なボール感覚が養われます。

檜垣裕志さんのサッカーテクニック向上メソッドのリフティングを実践してみた

3.ドリブル

サッカー・フットサルでは、ボールを持ったプレーヤーは、必ず相手のプレッシャーを受けます。そのプレッシャーにいちいち慌てていたら、まともにプレーなんてできません。

相手がプレッシャーをかけてきても、かわしたり、キープする技術があれば、慌てずにプレーできます。そのためにドリブルを練習しておく必要があります。

メッシ選手のように、構えているDFを華麗に抜き去っていくドリブルは初心者には難しいかもしれません。
しかし、ボールを取り飛び込んできたDFをかわしたり、ボールを奪われないようにキープすることは、初心者にも可能です。ボールを失わない自信がつけば、落ち着いてボールを持つことができるようになります。

一人でできる練習メニュー

一人で行うドリブル練習は、ボールタッチを養うものがメインになります。並べたコーンをジグザグにドリブルで縫っていくコーンドリブルや、いろいろなボールタッチを身につけるボールマスタリーが効果的です。

練習のポイント

初めは足のどの部分で触ると、ボールがどう動くのかを意識しながら練習しましょう。スピードはゆっくりでも構いません。
慣れてきたらスピードアップしていき、最終的にはトップスピードで行います。トップスピードで行うことで、ボールタッチだけでなく、身のこなしも身につきます。

※ドリブルは相手との間合いや駆け引きなどが必要なので、一人での練習だけでは不十分です。練習相手がいる場合は、対人練習を行いましょう。マーカーなどで一定の範囲を決めて、その中で1対1を行うと、かわす技術やキープの技術が身につきます。

サッカーのドリブル練習で絶対に外せない3つのポイント

一人での練習は効率性を考えよう

冒頭にも書きましたが、初心者はボールに触った分だけ上達します。ただし、練習時間は無限にあるわけではないので、できるだけ効率的な練習をする必要があります。

しかし、初心者に効率的な練習メニューを考えろといっても難しいと思います。こういう時は、本やDVDで勉強したり、スクールに通うなど、専門家の知恵を借りるのが効果的です。

大人のサッカースクールってどう?

初心者の自主練におすすめのDVD

当サイトでは初心者向けDVD教材「一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」をおすすめしています。おすすめ理由は以下のとおりです。

豊富な練習メニュー

越智隼人のサッカー上達法は、3枚組のDVD教材で全88種類の練習メニューが収録されています。
収録されているのは、キック、トラップ、ドリブル、ヘディングといったサッカー・フットサルの基礎技術を身につけるための練習です。

特別な器具は必ボール一つあればできる練習がほとんどなので、気軽に取り組むことができます。


とことん初心者目線で作られたDVD教材

「超初級編」というだけあり、とことん初心者目線で作られた内容になっています。

例えば、リフティングの練習では、まずは手でキャッチしながら続けるところから練習します。本屋さんにあるような教材では、この段階から説明してくれるものはありません。

また、リフティングを使う練習メニューでは、リフティングができない人はワンバウンドリフティングで練習できるようにアレンジされています。これにより、「リフティングができないから、この練習はできない」ということが無くなります。

練習が進むごとに難易度が上がっていくので、階段を一段ずつ上っていくように、着実にレベルアップできます。


元Jリーガーならではの実戦を意識した指導ポイント

越智さんのDVDの練習メニューは、ほとんどが実戦を意識した練習です。

例えばコーンドリブルでは、○○を使うことを意識するよう言っています。○○を使うことで、試合中のキープ力向上につながるからです。

実は、アマチュアレベルでは経験者でも○○を使いこなせる人はほとんどいません。Jリーグという日本のトップレベルでのプレー経験がある越智さんならではの指導ポイントと言えるでしょう。こういったことを普段の練習から意識することで、実戦につながる技術が習慣として身についていきます。


以上のように、サッカー・フットサル初心者が取り組みやすく、質の高い練習ができる内容になっています。

巷には多くのサッカー・フットサル教材がありますが、初心者用の練習メニューはこれ一本で十分です。

チームメイトとの差を縮めたり、差をつけるため、チーム練習だけでなく、一人でも公園や自宅で自主練習したい初心者の方に「一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」をおすすめします。

なお、DVDのホームページには「少年サッカー用」と書いてありますが、子供であろうが大人であろうが、基礎が大切なのは変わりありません。全ての年代の初心者プレーヤーにおすすめできるDVD教材です。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。