1. ホーム
  2. おすすめ度別教材一覧
  3. ≫おすすめ教材一覧

おすすめ教材一覧

教材内容はもちろんのこと、講師の指導レベル、価格と内容のバランス、ホームページの記載内容と教材内容の整合性など、総合的に見てもおすすめできると判断した教材の一覧です。

ドリブル総合教材「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾」

JSC CHIBA最強ドリブル塾

・おすすめ度:星45個(4.5)
・ジャンル:ドリブル
・対象者:初心者~中級者

おすすめポイント

ドリブル上達に重要な「ボール扱い」と「身のこなし」を同時に向上できる

ドリブル上達には、ボールと自分の体を自由に動かせることが大切です。
JSC CHIBAでは、練習全般にわたり、●●を意識することを重視しています。
これにより、ボール扱いが上手くなるだけでなく、身のこなしも同時に向上させることができます。


失敗を恐れずにドリブルを仕掛けるメンタルが養われる

練習では積極的にドリブルできても、試合になると「失敗したらどうしよう」と消極的になってしまう人がいます。
JSC CHIBAのドリブル練習では、失敗を一切気にしません。
これにより、「失敗してもプレーを止めずに、すぐにリカバリーすればいい」というメンタルが養われます。
実際の試合では、失敗してもプレーは続いているので、すぐに切り替える習慣は非常に大切です。


川島和彦さんの指導を間接的に受けられる

最強ドリブル塾は、JSC CHIBAの練習風景を、途中でカットせずにそのまま収録しているため、JSC CHIBAの練習に参加しているような感覚でDVDを見ることができます。
川島さんもカメラが回っていることを意識せずに、普段通りの指導をしています。
「人のフリ見て我がフリ直せ」と言いますが、川島さんが選手たちに指導している様子を見ることで、大事なポイントを理解することができます。

初心者用練習の百科事典「一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法超初級編

・おすすめ度:星45個(4.5)
・ジャンル:初心者用の基本練習
・対象者:初心者

おすすめポイント

自主練習する時に「何をしたらいいんだろう?」と困ることが無くなる

「何から練習したらいいのかわからない」というのは、初心者にありがちな悩みです。
「一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」には、基本練習が88種類も収録されています。
1人でできる練習もキック、トラップ、ドリブル、ステップワークなどテーマ別に計48種類あるので、練習メニューを考えるのに困ることが無くなります。


全ての練習メニューに越智隼人さんの解説が付いている

どんなにいい練習メニューでも、ポイントがズレていたら意味のないものになってしまいます。
一人でできるサッカー上達法では、全ての練習メニューで越智さんが意識するべきポイントを解説しています。
しっかりポイントを意識して行うことで、ただボール扱いが上手くなるだけでなく、試合で使える技術が身につきます。


サッカー未経験者でも練習のパートナーが務まる

サッカーの練習は、1人で行うよりも、やはり練習相手がいた方が効果的な練習ができます。
一人でできるサッカー上達法には、2人で行う練習メニューも収録されていますが、パートナーはボールを投げること、インサイドキックでパスを出すことができれば務まります。

「子供の練習を手伝ってあげたいけど、サッカー未経験者だから・・・」
「誰かに練習を手伝ってもらいたいけど、サッカー経験者がいない・・・」
と諦めていた人は、このDVDに収録されている練習メニューを参考にすると、2人での効果的な練習を行うことができます。

FW専門教材「城彰二のゴールからの逆算」

城彰二ゴールからの逆算

・おすすめ度:星45個(4.5)
・ジャンル:ゴール前での技術、状況判断力
・対象者:サッカー歴1年以上の中級者~上級者

おすすめポイント

城彰二さんの経験に基づいた現場感覚のシュートのコツを学べる

最近は、世界のストライカーのプレーを元Jリーガーなどが解説した本も出ています。
しかし、そういった解説はあくまでも推測に過ぎず、実際にその時何を考えていたかは、本人でなければ分かりません。

ゴールからの逆算では、城さんの経験に基づいたシュート理論を本人が解説しているので、机上の理論ではなく、現場感覚の理論を学ぶことができます。


意図的にシュートチャンスを作り出せるようになる

FWというポジションは、「野性的」、「感覚的」というイメージで見られることがよくあります。
しかし、ゴールを量産しているFWは、点を取るために、実はものすごく頭を使っています。

ゴールからの逆算では、シュートまでの明確なイメージを作る練習をしていきます。
これにより、偶然訪れるチャンスを待つのではなく、意図的にジュートチャンスを作り出せるようになります。


上達していくイメージが持てるので、挫折しにくい

良いプレーを見ることは、サッカー上達の近道です。
しかし、完成されたプレーを見ただけで、そのプレーができるようになるイメージを持つことはなかなか難しいものです。

ゴールからの逆算では、城さんが見本を見せるだけでなく、城さんが生徒に直接指導するところも収録されています。
最初はできなかった選手が、城さんの指導を受けてできるようになっていく過程を見ることで、「自分もできるかもしれない」と上達のイメージを持つことができ、モチベーションを維持することができます。

サッカーのためのスピードトレーニング「球技で使える 瞬間的スピード走法」

・おすすめ度:星4個(4.0)
・ジャンル:スピード、正しい体の使い方
・対象者:初心者~上級者

おすすめポイント

サッカーに必要なスピードを向上できる

「足が速い」と言っても、サッカーに必要なのは、陸上競技のような直線的なスピードではありません。
サッカーでは、100mを10秒台で走るようなスピードではなく、出足2~3mのスピードや、方向転換のスピードが重要です。

瞬間的スピード走法は、走りのメカニズムを分析し、サッカーをはじめとする球技の変則的な動きのスピードをアップするためのメソッドです。
ドリブルやオフザボールの動きなど、サッカーに必要な動きのスピードアップを図ることができます。


正しく体を使った走り方が身につく

「速く走る」というと、地面を強く蹴り、手足を速く動かすような走り方イメージすると思います。
しかし、瞬間的スピード走法では、背すじをスッと伸ばして正しい姿勢を作り、そこから重心を移動させて走るという、全く異なる走り方を身につけていきます。

この走り方が身につくと、筋力に頼らない動き出しができるため、疲れにくくなります。
また、地面を強く蹴って動き出す必要がないため、方向転換のときに足を滑らすことがなくなります。


ロープを使うことで、練習を正しく実践することができる

DVD教材はコーチが手取り足取り教えてくれるわけではないので、間違った方法で行ってしまうことがよくあります。
特にスピードトレーニングのようなフィジカル系のトレーニングは、正しく行うことが重要です。
間違った方法で行うと、悪い癖がついてパフォーマンスの低下を招いたり、ケガの原因となってしまうからです。

瞬間的スピード走法の練習では、ロープを使って姿勢矯正を行います。
ロープを使うことで、正しい姿勢で練習することができるため、コーチがいなくても、練習の質を落とさずに実践することができます。

三木利章の「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド

コーディネーショントレーングを取り入れたドリブル練習で、スムーズに動ける体を作る教材

●ジャンル:ドリブル、コーディネーショントレーニング
●講師:三木利章
●総合評価:星4個(4)

こんな悩みの方におすすめ

●ボールタッチがぎこちない
●同じように練習しているのに、周りよりもドリブルの上達が遅い
●状況判断が悪い(遅い)

おすすめポイント

●ドリブルが上達しない根本的な原因を改善できる
●1人でも、広い場所がなくても練習できる
●脳の情報処理能力を高めることで、プレーの質、状況判断が向上する

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。