1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫大人のサッカースクールってどう?

大人のサッカースクールってどう?

どーなレビュー管理人の どーな です。

サッカー・フットサルをやるには、どこかのチームに入る必要があります。
しかし、初心者にとって、いきなり経験者がいるようなチームに入るのって勇気がいりますよね。
下手なプレーをして白い目で見られるような肩身の狭い思いはしたくないですし・・・

このため、チームに入る前に、まず大人のサッカースクールやフットサルスクールに入る人もいます。
チームに入る前に、最低限の基本は押さえておきたいという堅実派の人です。

一方、とりあえずチームに入り、経験者の中で揉まれながら、DVD教材などで勉強して練習する人もいます。

初心者にとって、スクールでの練習とDVD教材での練習は、どちらがいいのでしょうか?

というわけで、今回は両者のメリット・デメリットをまとめてみました。

スクールのデメリット

大人のサッカースクール

時間、場所の制約がある

スクールは、開催される日時が決まっています。
このため、家庭の事情や仕事などで参加できない日も出てきます。

また、場所の問題もあります。
例えば、東京に素晴らしいスクールがあったとしても、北海道に住んでいる人が毎週通うことはできません。

「この人の指導を受けたい!」と思っても、そこが通える範囲になければ不可能です。

カリキュラムが決まっているので、自分のペースで練習できない

大抵のスクールでは、第1回目はドリブルを練習して、第2回目はパスを練習する、という風にカリキュラムが決まっています。
順に練習していくのは、初心者にとってやりやすい面もありますが、自分の練習したいことができないというデメリットもあります。

費用がかさむ

スクールの練習頻度は大体週1くらい、時間は2時間程度です。
初心者が基本を身につけるのに、週1の2時間の練習だけでは、ハッキリ言って少なすぎます。
空き時間に自主練習をしている人は別ですが、スクールの練習だけで試合で使える技術を身につけようとしたら、おそらく何ヶ月もかかってしまうでしょう。

例えば、こちらは東京にある大人のサッカースクールです。

大人のためのサッカー教室

私が受講したわけではないので、実際のところはわかりませんが、ホームページを見る限りしっかり教えてくれそうな雰囲気はあります。

このスクールの受講者は、初心者クラス(1クール5回の授業)から次のクラスに進めるレベルになるまでに、平均3クール受講するそうです。
初心者クラス1クールが9,000円なので、3クール受講すると27,000円。
結構な負担になってしまいますね…

スクールのメリット

コーチに直接指導してもらえる

コーチに直接指導してもらえるので、勘違いしている所、修正点などをその場で修正することができます。
大抵のスクールには複数のコーチがいるので、どのコーチに当たるかは運次第ですが、いいコーチに当たれば、格段に上達する可能性もあります。

同じレベルの仲間ができる

大人のスクールは、あなたと同じ境遇の人たちが受講しているので、話が合う仲間ができます。
一緒に練習している仲間が刺激になったり、仲間と相談したりすることで、三日坊主にならないようモチベーションを維持することができます。

練習場所が確保されており、夜でも安全に練習できる

社会人プレーヤーにとって、練習場所の確保は大きな問題です。
1人で練習する場合は近所の公園でOKですが、公園ではキック練習など、広いスペースが必要な練習はできません。
また、女性の場合は、夜に1人で練習するのは安全面に問題があります。

この点、スクールでは練習場所が確保されており、夜でも安全に練習することができます。

DVDのデメリット

講師に直接指導してもらえるわけではない

DVD教材は、スクールと違いリアルタイムで指導してもらえるわけではありません。
スクールであれば、ミスがあった時に指摘してもらえるので、その場で修正ができます。
これに対し、DVDの場合は、練習した後で見直し、「ここはこうした方がいいのか」と自分で考える必要があります。
(この見直す作業によって、自分で考える習慣が身につくので、悪いことばかりではないのですが)

教材によっては、講師のメールサポートがついているものもあるので、そういったサポートを利用すると、より教材を活用することができるでしょう。

モチベーションのコントロールが必要

DVD教材を使っての練習は、練習の日時が決まっていたり、カリキュラムが定められているわけではありません。
やるかやらないかは自分次第です。

購入した当初はモチベーションが高いので、はりきって練習しますが、普通の人なら次第にトーンダウンしてきます。
どんなにいい教材でも、練習を継続しなければ意味がないので、いかに継続できるかが大事なポイントになります。

目の前でお手本を見ることができない

いい見本を見ることは、上達の近道になります。
そして、見本は近くで見るほど、スピード、距離感、精度などがリアルに感じられるので参考になります。

スクールの場合は、コーチが目の前で見本を見せてくれますが、DVD教材の場合は映像だけになってしまいます。
小さいテレビ画面だと、どうしてもスピードや距離感が正確に把握できません。

ですので、DVDで練習する場合は、経験者のいるチームに入るなどして、生きたお手本を目の前で見られる環境作りが必要になります。

DVDのメリット

時間、場所の制約がない

DVDで技術や練習法の勉強をする場合は、時間や場所の制約がありません。
自宅で見ることもできますし、車にDVDプレーヤーが付いていればそれを活用することもできます。
また、ポータブルプレーヤーを使えば、自分の好きな時に、好きな場所で見ることができます。

自分のやりたいテーマを自分のペースで練習できる

DVD教材の場合、スクールと違い自分で練習するテーマを決めます。

当サイトでは、1つのテーマに絞られたDVD教材を紹介しています。
例えば、初心者の基本技術向上なら「1人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 超初級編」、ドリブルなら「JSC CHIBAの最強ドリブル塾」といった具合です。
技術も戦術もフィジカルも全部取り扱っているような教材は、1つ1つの内容が薄くなってしまうので、おすすめしていません。

あなたが身につけたいテーマのDVD教材を見ることで、技術解説、練習法など、そのテーマに関する専門的な知識を学ぶことができます。
そして、DVDに沿って練習することで、そのテーマに集中して練習することができます。

人間は、他人から「これをやりなさい」と言われたことよりも、自分で「これをやる」と決めたことの方が、モチベーションが高まります。
DVDで自分のやりたいテーマについて勉強しながら練習することで、結果的に上達も早くなります。

一流指導者の指導を間接的に受けることができる

DVD教材を出している指導者は、業界では名の知れた一流指導者です。
彼らの指導を直接受けることは難しいですが、DVDでなら可能です。

当サイトでおすすめしているDVDは、講師が見本を見せるだけのプロモーションビデオのような教材ではなく、講師が実際に指導している様子を撮影したいわゆる「ライブ盤」がほとんどです。

練習のポイントというのは、教科書を読むように説明されてもあまり頭には入ってきません。
実際にやって、ミスをした時に指摘された方が理解できるものです。

ライブ盤は、ミスした生徒が指摘されている場面を見ることができるので、練習メニューのポイントが理解しやすくなります。

このように、どちらにもメリット・デメリットがあります。

大人のサッカースクールとDVD教材はどちらがいいの?

結局、どちらがいいのかという話ですが、私の考えでは、DVD教材の方が費用対効果は高いと思います。
その理由は2つあります。

1つ目は、学べる内容のレベルです。
初心者向けのスクールで教えていることは、DVD教材でも学ぶことができます。
むしろDVDの方が、より高度なところまで教えているので、わざわざスクールに通う必要がありません。

2つ目は、費用対効果です。
スクールだと練習が週1ペースなので、上達に時間がかかってしまいます。
その分、何度も通わないといけないので、費用もかさみます。
DVD教材なら、毎日でも練習できます。
費用面でも、購入時に負担するだけで、追加費用はありません。

このように総合的に見れば、DVD教材の方が費用対効果が高くなります。
ただし、次のような人は、スクールの方が向いていると思います。

  • 1人でコツコツ練習するのが苦手な人
  • チームに所属していない人
  • 安全面に不安のある女性
  • 初心者同士の交流がしたい人

大人のサッカースクールの選び方

ちなみに、大人のフットサルスクールはたくさんありますが、大人のサッカースクールはあまり見かけません。
「サッカースクールに入りたいんだけど見つからない」という人は、フットサルスクールでもOKです。

なぜなら、初心者向けのフットサルスクールで教えているのは、キック、トラップ、ドリブルといった基本技術の部分で、フットサル特有の戦術まで教えている所はほとんどないからです。
基本技術の部分は、サッカーもフットサルも大差はないので、フットサルスクールでも、十分サッカーの練習になります。

大人向けのスクールには、個人が運営しているスクール、フットサル場などの施設が運営しているスクール、Jリーグクラブが普及活動の一環として運営しているスクールなどがあります。

カリキュラムはスクールによって異なります。
きちんとサッカー・フットサルの技術を教えてくれる所もあれば、体を動かすことを目的としたレクリエーションのような所もあります。

料金もバラバラで、1回1,000円程度の所もあれば、月謝制で1ヵ月10,000円するところもあります。
開きがありますが、安い所はレクリエーション的な要素が強いので、きちんとサッカー・フットサルを学びたい人は、それなりの料金の所を選んだ方がいいでしょう。

ということで、スクールでの練習にも、DVD教材での練習にも、それぞれメリットデメリットがあります。
あなたの目的に合った手段は何かを考え、選んでいってください。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。