1. ホーム
  2. 檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド
  3. ≫ロングキックのコツと練習法

ロングキックのコツと練習法

ロングキックが飛ばない、蹴れない、曲がってしまう…

こんな悩みを持っているサッカープレーヤーは少なくありません。

あなたがロングキックが蹴れないのは、体格のせいでも、筋力のせいでも、スパイクのせいでもありません。ロングキックに対する理解が不足しているだけです。
ロングキックの仕組みを理解し、正しい蹴り方をすれば、精度が高く、味方が受けやすいキックを誰でも蹴れるようになります。

このページでは、ストレートのロングキックの蹴り方と練習法、ロングキックの練習におすすめのDVD教材を紹介します。目標に向かって真っすぐ伸びていくロングキックを身につけましょう。

ロングキックの蹴り方

次の動画をご覧ください。

これは日本代表GK 林彰洋選手のゴールキックの練習風景です(ピンクのアディダスのスパイクが林選手です)。大して力を入れていないのに遠くに飛ばせているように見えませんか?

実は、ロングキックは力任せに蹴ってもうまくいきません。
ロングキックのコツは3つ。ミートポイント、蹴り足のスイング、バックスピンです。やみくもに練習してもロングキックは上達しません。ポイントを正しく理解して練習することが、上達の近道です。
それでは、1つずつ説明していきます。

ミートポイント

ストレートのロングキックのミートポイントは、親指の付け根になります。指の部分は関節があり柔らかいので、力が吸収されてしまい強いボールが蹴れません。骨のある硬い部分で蹴りましょう。

蹴り足のスイング

よく「膝から下を素早くコンパクトに振る」という人がいますが、ロングキックについて言えばこれは間違いです。確かに膝から下のスイングスピードは重要ですが、膝から下を動かしたけでは十分なパワーが出ません。

ロングキックの蹴り足は、股関節から動かします。テコの原理で説明すると、股関節が力点、膝が支点、足が作用点になります。股関節から脚を動かすことで、膝が支点になり、膝から下が速く振り出されるのです。

これは、ムチをイメージすると分かりやすいでしょう。ムチは柄を起点にして振ることで、先端に力が伝わります。先端部分を持って振っても、大した力は出ません。

膝から下だけを振るのは、ムチの先端部分を持って振っているのと同じです。しっかり柄(股関節)を持って振りましょう。

バックスピン

ロングキックを蹴るときのコツは、ボールの中心から下部分に向けて叩くように蹴ることです。このように蹴ることで、バックスピンがかかります。

このバックスピンがボールが重要なポイントです。ボールが逆回転することで、ボールの周りに上昇気流が発生し、ボールが浮かび上がるのです。また、上昇気流を発生させながらボールが飛んでいくので、伸びる弾道になります。

ボールを上から下に叩くように蹴るので、フォロースルーでは足は高く上がりません。蹴り足は軸足とクロスするように着地します。

「ボールの下を蹴り上げる」という人もいますが、これだと完全にパワー頼りの蹴り方になってしまいます。また、ボールに回転がかからないので、ボールの伸びもなく飛距離も出ません。

林選手のキックを見ると、蹴り上げていませんよね?むしろ、上から下に振り下ろしています。

このようにボールが浮き上がる仕組みを理解すると、よりポイントを意識して練習できると思います。

ロングキックの練習

ロングキックを身につけるには、何本も蹴ることが大切です。ここまで説明したミートポイントや蹴り方を確認しながら練習していきましょう。
ここからは、ロングキックを練習するときのポイントを説明していきます。

まずは短い距離で正しいフォームを身につける

ロングキックを失敗する一番の原因は、遠くに飛ばそうとして力んでしまうことです。力んで蹴ると、ミートポイントやフォームが崩れてしまいます。

リラックスした状態で正しいフォームで蹴れるように、まずは短い距離で練習しましょう。
親指の付け根でミートできているか?ボールにバックスピンがかかっているか?ポイントを確認しながら蹴ることが大切です。

距離を延ばしていく

短い距離で蹴れるようになったら、距離を延ばして練習します。
ロングキックの飛距離は、インパクト時の蹴り足のスイングスピードに比例します。つまり、スイングスピードが速いほど遠くに飛ばすことができます。

スイングスピードを上げると言っても、全てを速くする必要はありません。インパクトの瞬間に最速になればいいのです。
林選手のキックを見ると、助走からテイクバックまではゆっくりしており、最後のインパクトの瞬間だけ速くなっていることが分かります。

距離が延びても、フォームは短い距離のときと同じです。遠くに飛ばそうと力む必要はありません。

リフティング

ロングキックに限らず、キックの一番のポイントはしっかりミートすることです。足のどの部分で蹴れば、気持ちよく蹴れるのか?この感覚がしっかり身についていることが大切です。

ミートポイントへの意識を高めるためにはリフティングが有効です。インステップ(足の甲)ではなく、親指の付け根でリフティングしてみましょう。
親指の付け根でリフティングしたとき、どこにボールを当てれば気持ちよく蹴れるのか?1回ずつ確認しながら練習しましょう。

リフティングでミートポイントへの意識を高めてからロングキックを蹴ると、質の高いキックが身につきます。

試合でロングキックを蹴るコツ

試合は敵のプレッシャーがあるので、練習のように自分のリズムでロングキックを蹴らせてもらえません。試合でロングキックを蹴るには、パスを受ける前、パスを受る場所、ファーストタッチにそれぞれポイントがあります。
ここからは、試合でロングキックを蹴るためのコツを紹介していきます。

パスを受ける前

試合でロングキックを使ってパスを出すには、あらかじめ味方の位置を把握しておくことがコツです。パスを受けてから味方を探していたのでは、蹴るまでに時間がかり、敵のプレッシャーを受けてしまいます。

ロングパスを出すには、パスを受ける前から周りを見て、味方の位置とスペースを確認しておきます。ボールを蹴る直前にも味方を見ますが、これはパスが出せるかどうかの確認のためです。周りを見て情報を集めるのは、ボールを持っていないときに行うのが基本です。

パスを受ける場所

試合でロングキックを蹴るには、パスを受ける場所も重要です。ロングキックは短いキックよりも動作が大きくなるため、時間とスペースが必要です。敵が近くにいる場所でパスを受けると、ロングキックを蹴るための時間を与えてもらえません。敵から離れた状態でパスを受けられるよう、パスを受ける場所に十分なスペースがあることを確認しておきましょう。

また、あまり早くパスを受ける位置に入ると、敵のマークも付いて来てしまいます。パスを受ける場所はギリギリまで空けておき、味方がパスを出せる状態になったら動き出すようにタイミングを工夫しましょう。

ファーストタッチ

試合でロングキックを蹴るには、ファーストタッチの精度が重要です。

試合では、ボールを持てば必ず敵がプレッシャーをかけてきます。パスを受けても、敵に寄せられてしまったら、ロングキックを蹴ることはできません。敵に寄せられる前に、ロングキックを蹴れるようにする必要があります。

そのために重要なのが、ファーストタッチのコントロールです。ファーストタッチ(トラップ)で、すぐ次のプレーができるようにコントロールすれば、トラップからキックまでの時間を短くすることができます。

「トラップを正確に」と言うと、ボールを止めることだけにフォーカスしがちですが、正確なトラップとは、ただボールを止めるだけではありません。トラップからすぐ次のプレーに移るには、ボールを止めると同時に、自分の体もすぐに動ける体勢になっていなければなりません。つまり、ボールと自分の体の両方をコントロールできて初めて「正確なトラップ」と言えるのです。

ファーストタッチで、ロングキックが蹴れる位置にボールをコントロールし、それと同時にロングキックが蹴れる体勢を作れるよう意識して練習しましょう。

最高のファーストタッチを身につける練習法

インステップキックか?インフロントキックか?

ロングキックの蹴り方で色々なサイトで調べてみると、インステップキックと言っている所もあれば、インフロントキックと言っている所もあります。

しかし、よく読んでいくと、呼び方が違うだけで、どのサイトも同じ蹴り方を紹介していることが分かります。ロングキックの蹴り方は、インステップキック、インフロントキックのどちらとも取れる蹴り方なので、見解が分かれているのでしょう。

それはさておき、あくまでも大切なのは、イメージ通りのボールが蹴れているかどうかです。インステップキックだから足の甲で蹴らないといけない、インフロントキックだから親指の付け根で蹴らなければいけないと、キックの名前にとらわれ過ぎないように気を付けてください。

ロングキックの練習におすすめのDVD

ロングキックを練習するのにおすすめのDVDは「サッカーテクニック向上メソッド」です。

今回紹介したロングキックのポイントが実演をまじえて詳しく解説されています。

また、リフティングを通して、ミートポイントの感覚やファーストタッチの感覚を養う練習も紹介されています。リフティングのためのリフティング練習ではなく、サッカーが上手くなるためのリフティングトレーニングを行うことができます。

講師は17歳でサッカーを始めてブラジルでプロになった檜垣裕志さん

サッカーテクニック向上メソッドの講師 檜垣裕志さんは17歳でサッカーを始め、ブラジル1部リーグの名門ポルトゲーザとプロ契約を結んだ経歴の持ち主です。

檜垣さんがプロになれたのは、ブラジルのトップ選手のプレーを直に経験し、本当のサッカーの基礎基本を学んだことだと言っています。

日本では、正しいサッカーの基礎基本が理解されておらず、個人個人の勝手な見解のもとに指導が行われています。間違った基礎基本で育った選手が指導者になると、同じように間違った基礎基本を子供たちに指導してしまいます。そうして、いつまでも正しい基礎基本が根付かないのです。

なぜ、ブラジルが常に世界のトップにいられるのか?なぜ、いつの時代もブラジルからトッププレーヤーが生まれるのか?それは、サッカーの正しい基礎基本が根付いているからです。

サッカーの基礎基本が身についていなければ、上手くはなれない

「正しい基礎基本を身につけなければ、本当にサッカーが上手くなることはできない」と檜垣さんは言います。

現在、檜垣さんは、本当のサッカーの基礎基本を伝えるために子供たちの指導にあたっています。サッカーテクニック向上メソッドは、そんな檜垣さんの指導メソッドを落とし込んだDVD教材です。ブラジルのトップレベルのプレーを経験したからこそ伝えられるサッカーの基礎基本の大切さを、ぜひ感じてください。

サッカーテクニック向上メソッドのレビュー

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。