1. ホーム
  2. 初心者の上達法
  3. ≫サッカーノートは強力なモチベーションアップ法

サッカーノートは強力なモチベーションアップ法

どーなです。

前回の記事で、モチベーションアップの話をしたところ、

「最近、練習をサボりがちだったのですが、もう一度やる気が起きました」

という反響をいただきました。

モチベーションが上がらないときの解決法

実は、お伝えしたかったモチベーションアップ法がもう1つあったのですが、長くなりそうだったので、今回お伝えすることにしました。

その方法とは、「サッカーノートを書く」です。

私は高校生の頃からノートを書いているので、かれこれ20年以上続けています。

途中、書かない時期もありましたが、結局は書くところに戻っています。

なぜなら、サッカーノートを書くと、頭が整理され、自分のやるべきことが明確になるからです。

やるべきことが明確になると、「この練習をすれば、ここが改善されて上達できる」という道筋が見えるので、練習にも熱が入ります。

だから、けっこう強力なモチベーションアップになります。

あなたは、試合の後、
「あの場面では、こうすればよかった」
「あのときの判断が遅かった」
「この技術をもっと練習しないといけないな」
などと反省することはありませんか?

私はしょっちゅうです。
試合のたびに反省しています。

このとき反省したことを活かして次の日から練習すれば、どんどん上達すると思いませんか?

ところが、ほとんどの人は、反省を活かせていません。

なぜなら、試合直後は反省しても、次の日には忘れてしまうからです。

悪いプレーは忘れ、良いプレーだけが記憶に残ります。

すると「なんだ、昨日思っていたほど悪い出来じゃなかったな」と錯覚します。

これは人間の脳がそういう構造になっているので、仕方のないことだそうです。

結局、反省に対する練習を何もしないので、次の試合でも同じミスを繰り返します。

私はサッカーノートに、試合での反省点、プレーのアイディア、などを書いています。

試合翌日になると、半分以上忘れてしまうので、当日のうちに書きます。

他にも、
プロの試合を見て気づいたポイント、
本やDVD教材で得た知識、
お風呂に入っていて突然思いついたアイディア、
なども書き留めています。

アイディア帳のような使い方です。

字は汚いし、絵も適当ですが、自分だけが分かればいいので、それでいいと思います。

サッカーノートは、中村俊輔選手が書いているということで、一時有名になりました。

こんな本も出ました。

「夢をかなえるサッカーノート」中村俊輔著

私も買いました。

中村選手が、試合中にどんなことを考えているのか、
どんなことを反省しているのか、
どんな目標の立て方をしているのか、
という点が参考になります。

サッカーノートの書き方についてもレクチャーされていましたが、そこはまったく無視しています。

やはり自分のやりやすいように書いた方が続きます。

サッカーノートをまったく書かない人もいます。

元日本代表の遠藤保仁選手は、まったく書かないそうです。

人によって合う合わないがあるので、書く、書かないは自由です。

ただ、他の人よりもサッカーを始めたのが遅い人は、上手くなるために、あらゆる手段を試すべきです。

合う合わないは、やってみて判断すればいいと思います。

お金もかからない方法なので、一度は試してみてはいかがでしょうか?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。