1. ホーム
  2. わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBAの最強ドリブル塾
  3. ≫サッカーのドリブル練習で絶対に外せない3つのポイント

サッカーのドリブル練習で絶対に外せない3つのポイント

サッカーにおいてドリブル練習は大切なトレーニングです。ドリブルができると、数的不利な状態でも突破してチャンスにつなげたり、キープして味方が攻め上がる時間を作ることができます。

ドリブルは人気のある技術で色々な技がありますが、試合で使えるテクニックを練習することが大切です。ここでは、試合で使えるドリブルを身につける練習を紹介していきたいと思います。

ドリブル練習に必要な3つのポイント

元日本代表MFの風間八宏さんは、ドリブル練習の基本は次の3つのポイントを押さえることだと言います。

1.ボールと体を自由に操る
2.いつでも何でもできる場所にボールを置く
3.相手を操る

それでは、1つずつ説明していきましょう。

1.ボールと体を自由に操る

ドリブルはボール扱いだけでなく、身のこなしも重要です。
例えば、エラシコというフェイントがあります。元ブラジル代表のロナウジーニョ選手が得意なフェイントで、アウトサイドでボールを持ち出し、すぐに足首を返してインフロントで方向を変えるテクニックです。

エラシコは足首の動きでボールの方向を変える技ですが、ボールを動かすだけではダメです。インフロントでボールを持ち出すと同時に、自分の体も同じ方向に動いていなければなりません。ボールだけ先に転がって自分の体が遅れてしまったら、DFに体を入れられて奪われてしまうでしょう。

ロナウジーニョ選手の動画を見ると分かりますが、エラシコの後の動き出しが素早いですね。このように、ドリブル練習はボールと体を自由に動かせるトレーニングにすることが大切です。

ボールと体を自由に操るためのドリブル練習には、次のようなメニューがあります。

コーン(マーカー)ドリブル

80㎝程度の間隔で並べたコーンの間をジグザグにドリブルしていく練習です。コーンの間隔は各々の技術レベルに合わせて変えてください。

上達してきたら、コーンの間隔を不規則にしたり、一直線ではなくランダムに置くなど練習を発展させていきましょう。

障害物はマーカーでもいいですが、コーンの方が背丈があり幅も広いので、DFをイメージしやすくなります。

1.練習の目的

・常にボールと体が一体のドリブルをできるようにする

2.初心者の練習ポイント

  • 正確性を重視
  • 初心者は、まずボールに慣れることが大切です。初めはゆっくりでいいので、正確にドリブルできるようにしましょう。そして、慣れてきたら徐々にスピードアップしていきます。

  • 色々なボールタッチを覚える
  • インサイド、アウトサイド、足の裏など色々な場所を使ったドリブルを練習しましょう。例えば、こんな練習メニューを試してみましょう。

    1.インサイド→アウトサイド(動画の1番目)
    2.足の裏→インサイド(動画の2番目)
    3.片足のみ(動画の3、4番目)
    4.両足のインサイドを使ってダブルタッチ(動画の5番目)

3.中級者以上の練習ポイント

  • トップスピードで行う
  • 中級者以上の人は、初心者とは全く違う練習になります。ボールと体をコントロールできる上限を上げるため、トップスピードでドリブルします。失敗してもいいので、スピードを意識して練習しましょう。

  • 利き足のイン-アウトで行う
  • 利き足だけでドリブルし、常に利き足の前にボールを置くように練習します。メッシ選手などのトッププレーヤーは、常に自分の利き足の前にボールを置き、いつでも何でもできる状態を作っています。スピードを上げても技術がブレないように、利き足を意識して練習しましょう。

    サッカーのドリブルにスピードは必要か?
    サッカーテクニック向上メソッドのドリブル練習を実践してみた

4.練習の注意点

コーンドリブルは相手を抜くための練習ではないので、このトレーニングだけで突破力が向上するわけではありません。しかし、ボールと体を自由に扱えることはドリブルの基本です。基本が身についていなければ、相手と対峙したときに落ち着いてボールを持つことができないので、コーンドリブルは重要な練習です。

ボールと体のフィーリングは、練習しないと鈍ってしまいます。一人でもできるトレーニングなので、初心者だけでなく中級者や上級者も積極的に行いましょう。

サッカーのコーンドリブルは効果があるのか?

2.いつでも何でもできる場所にボールを置く

ドリブル練習の2つ目のポイントは、ボールの置き場所です。ここにボールを置けばDFをかわすことも、パスもシュートもできるという場所に、常にボールを置いてドリブルできるように練習します。

世界のトッププレーヤーは足、胸、もも、頭、どこでトラップしようと、ワンタッチで利き足の前にボールをコントロールします。なぜ利き足かというと、彼らの利き足には、どんな状況にも対応できるテクニックがあるからです。利き足の前にボールを置けば、いつでも何でもできるのです。

ボールの置き場所を身につけるドリブル練習には、次のようなメニューがあります。

コーンドリブル(利き足だけ、トップスピード)

前項で紹介した中級者以上のコーンドリブルと同じ練習です。利き足だけでドリブルすることで、常に利き足で触れる位置にボールを置く習慣を身につけます。またトップスピードで行うことで、ボールと体をコントロールできる上限を上げていきます。

リフティング(利き足だけ)

利き足だけでリフティングします。慣れてきたら胸や頭も入れ、1タッチで利き足にコントロールします。

1.練習の目的

・利き足のテクニックの向上
・ボールと自分の体を自由に操れるようにする
・常に利き足でボールを扱える技術、軸足のバランスを身につける

2.練習のポイント

  • 利き足だけでリフティングし、落とさない
  • リフティングというと両足交互に行うのが一般的ですが、利き足だけで行うのがポイントです。ボールが逆足側にずれても、ステップを踏んで利き足で拾いましょう。どこにボールが行っても利き足で拾い、落とさないようにすることで、常に利き足の前にボールを置く感覚を身につけられます。

  • 1タッチごとに最適な場所にボールをコントロールする
  • いつでも何でもできるようにするには、ボールと体の位置関係が重要です。ボールと体が遠過ぎても、近過ぎても、正確にボールを扱うことはできません。何となくリフティングするのではなく、1タッチごとにボールと体が適切な位置関係にあることを意識して練習しましょう。

    またテニスボールでリフティングすると、より繊細なボールタッチを身につけることができます。テニスボールリフティングなら室内でも練習できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

3.練習の注意点

リフティングの上手い人はたくさんいますが、必ずしもサッカーが上手いわけではありません。これは、リフティングのためのリフティング練習をしているからです。

サッカーの上達につなげたいのなら、サッカーのためのリフティングをする必要があります。1タッチ1タッチのコントロールを意識し、ボールを完全に自分のものにするテクニックを身につけましょう。

檜垣裕志サッカーテクニック向上メソッドのリフティングを実践してみた件
そのリフティング、サッカーのための練習になっていますか?
最高のファーストタッチを身につける練習法

3.相手を操る

相手を操るとは、フェイントを使ってDFにこちらの思うとおりに動いてもらうことです。巷には色々な技を紹介した本もありますが、試合で使うフェイントはシンプルなもので十分です。

フェイントを身につけるには、次のようなステップで練習メニューを組むといいでしょう。

STEP1.コーン(マーカー)をフェイントを使ってかわす

コーン(マーカー)をフェイントを使ってかわす練習です。

1.練習の目的

・試合で使うフェイントの動きを身につける
・自分の得意な形を作る

2.練習のポイント

  • 試合でドリブルを仕掛ける場所や状況をイメージして練習する
  • 実戦をイメージして行うことが最大のポイントです。ピッチ上の場所、ボールのもらい方、相手との間合い、突破した後のプレーなどをイメージして練習しましょう。

    こういった練習は、「コーン相手には上手くできるけど、人間相手になるとできない」というケースが少なくありません。そうならないよう後で解説するSTEP2、STEP3へ続いていくのですが、それにはフェイントの動きができなければ始まりません。まずはコーン相手にフェイントの動きを覚えていきましょう。

  • ドリブルを使う場所に合ったフェイントを練習する
  • 例えば右利きの選手が右サイドでドリブルするのと、左サイドでドリブルするのでは、効果的なフェイントは変わります。好きな選手の動画などで効果的なフェイントを研究し、自分の得意な形を作りましょう。

STEP2.コーンドリブルで練習した形を実戦練習で試す

STEP1で練習したフェイントを1対1やミニゲームで人間相手に試します。

1.練習の目的

・人間相手の間合い、タイミング、スピードの感覚を身につける
・ドリブルのためのオフザボールの動きを身につける
・実戦で通用すること、通用しないことを見極める

2.練習のポイント

  • まず1対1で人間相手にフェイントを使うことに慣れる
  • コーン相手に練習しても、人間相手にドリブルを仕掛けるのは感覚が違います。ミニゲームでは思うようにドリブルできないことも多いので、まずは1対1で人間相手の感覚を慣らしていきましょう。

  • ミニゲームではオフザボールも意識する
  • 試合では、ただパスを待っているだけでは、良い状態でボールを持つことはできません。ゲームの中で練習したフェイントを使うには、パスのもらい方などボールの無い時(オフザボール)の動きを工夫する必要があります。「どうすればいい状態でパスをもらえるのか?」を考えながら練習しましょう。

ドリブルで逆をとるための2つのポイント

STEP3.実戦練習での経験をコーンドリブルにフィードバックする

STEP2で人間相手に試したら、その経験をSTEP1のコーンドリブルに落とし込みます。

1.練習の目的

・コーンドリブルの質を上げる

2.練習のポイント

  • 試合のイメージを持って練習する
  • 実戦練習でフェイントを試すと、リアルな試合のイメージを持つことができます。DFと対峙した感覚、オフザボールの動きなど、最初のコーンドリブルではイメージできなかった部分まで意識して練習しましょう。

  • 実戦練習の経験を活用する
  • 実戦練習で試して気づいた改善点、新たな発見などをサッカーノートにまとめておきましょう。実戦の経験をコーンドリブルに落とし込むことで、より質の高い練習になります。
    あとは実戦練習→コーンドリブルにフィードバック→実戦練習を繰り返すことで、試合で通用するドリブルが身につきます。

おわりに

ドリブルというと、個人のセンスによる部分が大きいように感じてしまうかもしれません。しかし3つのポイントに分けて考えると、適切な練習をすれば上達できる技術であることが分かると思います。

今回紹介したドリブル練習は、あくまでも一例です。3つのポイントを伸ばすための練習は、工夫次第で色々なトレーニングができると思います。
自分で練習メニューを考えてもいいですし、良いトレーニングが思いつかなければ、本やDVDを参考にするのも手です。

当サイトでは↓下記ページでドリブル練習におすすめのDVD教材を紹介していますので、どんなDVDがいいか迷ったときは参考にしてください。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。